グリんふぃくさー
心の緑が甦るその時まで・・・・・・
個展DM刷りました&楽描き
buro2018217no1.jpg



iconrippukun.jpg
立腹ん:「樹中さん、昨日は一日印刷していたね・・・
プリンターが印刷せずに紙だけ吐き出したりするから、思ったよりも手間がかかったけど、何とか当面の必要であろう枚数は刷りあがったみたい。
後はアートイマジン様に送るんだけど、お仕事の都合で送るまでにちょっと間が空いちゃうかも・・・みたいだけどね・・・」



buro2018125no2.jpg
しくし君:「樹中さん、僕と立腹んの名前を失念したみたいで、前の日記を見て思い出そうとしてたね・・・」



iconrippukun.jpg
立腹ん:「そんな・・・」



buro2018125no2.jpg
しくし君:「まあ樹中さん、今日は印刷の後のお疲れモードみたいだし、そういう事もあるよ。
まあ失念自体はしょっちゅうなのが問題かなあと思うけどね。

まあ気を取り直して。
昨日は印刷の様子を見ながら、楽描きをしてたみたいだね。
悪い人間シリーズと、ロボットを。」



buro2018217no2.jpg



buro2018217no3.jpg
スポンサーサイト
立腹ん完成しました。
2018kotensenden1.jpg




icontikokun.jpg
遅刻ん:「ククク・・・今日も遅刻してやるぞう・・・」



iconrippukun.jpg
立腹ん:「・・・どうしてそんな悪い事を考えてしまったの・・・?」



icontikokun.jpg
遅刻ん:「(おっとぉ・・・こいつは面倒くさそうな子に絡まれちゃったぞぉ・・・)
だって僕遅刻んだから、遅刻するのがお仕事なんだよ。」



iconrippukun.jpg
立腹ん:「・・・そのペースで歩いていると、普通に間に合ってしまうけれど、それで良いの・・・?」



icontikokun.jpg
遅刻ん:「どうしよう、ホントに面倒臭い子に絡まれちゃったなあ・・・」



iconsesokun.jpg
拙速ん:「立腹ん、遅刻んは不良だから、近くにいると不良がうつってしまうよ!!」



iconrippukun.jpg
立腹ん:「・・・遅刻って感染するの・・・?」



icontikokun.jpg
遅刻ん:「まあ、ここで僕とお話ししてると、遅刻それ自体は出来ると思うけどね。」



buro201825no1.jpg



立腹ん完成しました。
個展の薄い本用の素材に使えると良いなあと思いつつ・・・
個展DM制作&キャラクター制作
2018kotensenden1.jpg



buro2018125no2.jpg
しくし君:「樹中さん、個展のDMの準備も進んだんだねえ。
樹中さん、ここ3年間程は過呼吸の後遺症で、常に軽い不快感を覚えながら作品制作してたみたいだね。
どうしても無理なペースで制作しないといけない時期が続いたのだけれど、もうずぐ一区切りになるみたいで・・・
個展準備が終わったら、それでようやく一息つける感じみたい。」



iconsesokun.jpg
拙速ん:「2018年は樹中さん的には個展が終わったら、雌伏の時みたいになるのかな?

皆様も、無理はなさらないでね。
無理して体を壊すと、後に残るのは無念だけになってしまうかもだし・・・
樹中さんはまあ、ギリギリセーフ・・・って感じだと思いたいねえ。
絵もまあ、以前に比べたらちょっと早く描けなくなってしまった・・・呼吸の部分でどうしても不快感を伴いながらの作品制作になっちゃうんだよね、特に締切があると、元々その辺りが厳しくて過呼吸になってしまったのだし・・・けど、それ以外はまあ何とか大丈夫だしね。」



buro201822no1.jpg



buro201823no1.jpg



iconsesokun.jpg
拙速ん:「この子が僕から始まって、しくし君に続いての個展にむけての3人衆最後の一人なんだよね。
描き始めの時は、個展に向けての薄い本用のキャラだったんだけど、今はキャプション用キャラにするかも・・・みたいな感じだけど。」



buro2018125no2.jpg
しくし君:「3人目だけあって、次第に樹中さんの個性と言うか、手癖が強く出てきたね。
何と言うか、僕と拙速んを足して2で割ったみたいな感じかもしれないねえ。

僕達って、あんまり強烈な個性は意図的に持たされてないんだけど、敢えて言うなら拙速んは遅刻んとは口喧嘩するよねえ。
僕はおっとりしてるけど、そこそこ思慮深い・・・って微妙な個性付けがされてはいるんだけど。」



iconsesokun.jpg
拙速ん:「僕は一応、皆の中では一番せっかちらしいんだけども。
どうなんだろうね、僕達って個性を前面に出した方が良いのか、それとも緩い感じが良いのか。」
ペン画と色鉛筆画『歩み』&しくし君完成しました
buro2018125no1.jpg



buro2018125no2.jpg
しくし君:「僕、個展の薄い本に使うかも・・・って事で生まれてきた『しくし君』なんだけど、どうなんだろうねえ?
まあ最悪キャプションでは使うって事らしいけども。」



iconsesokun.jpg
拙速ん:「しくし君って、『シクシク』っていう泣いているのをイメージしている単語が名前の由来?」



buro2018125no2.jpg
しくし君:「うん。」



buro2018125no5.jpg



buro2018125no4.jpg



buro2018125no2.jpg
しくし君:「今回はペン画も色鉛筆画も『歩み』っていうテーマで、時間の流れとか変化的なものをイメージしているんだね。
今回の2作品は、いつもと違う細かさをという事で、小さいものを沢山描いて、それで楽しくなるように・・・って思いながら制作したって樹中さん言ってたねえ。」



iconsesokun.jpg
拙速ん:「色鉛筆画は、いつものイメージよりもちょっと現代的に・・・って事みたいだね。」
個展DMの絵完成しました&しくし君制作中
buro2018121no1.jpg



iconbouryokunankoku.jpg
暴力ん:「樹中さんって、気候の変動の時に体が酷くダルくなるんだけど、今回はDM用のペン画を描き終えた後でそれが来たみたいだね。
今はかなりキツめにダルいみたいだけれど、DMの絵は出来たし、作品制作も全く何も出来ないという事も無いので、まあ最悪じゃないよね。

まあ2月~3月中旬くらいは風邪とか引かなかったら、通常の体調で普通に制作出来てるだろうから、個展までに後どれくらいの事が出来るのか考えてるようだね。

個展に必須の、キャプション制作とかは別として、それ以外に何をどうしようか・・・って感じみたい。
個展に向けて新規作品を制作するか、ちょっと違う事をするか・・・
後一ヶ月余分にあったら、新作制作は大いにありなんだけど、今からだとどうしようかなあ・・・という感じみたい。」



buro2018121no2.jpg




iconsesokun.jpg
拙速ん:「お次のキャラクターは『しくし君』というお名前になったんだね!!
僕が陸上哺乳類なイメージだから、しくし君は海の生き物をイメージしたんだってね。まあイルカとかその辺らしいんだけど。
カラーリングは青とか青緑という感じになるのかなあ?」



iconbouinousyokun.jpg
暴飲暴食ん:「拙速んとしくし君は、個展に向けての薄い本の素材候補として描かれてるんだけど、どういう風に使われるんだろうね?」



iconsesokun.jpg
拙速ん:「多分細かい間を埋めるのに使うのかなあ・・・?
まあ使われなくても、キャプションに使いまわせるし、僕的にはまああんまり気に病んでないんだけどね。」