グリんふぃくさー
心の緑が甦るその時まで・・・・・・
ペン画『異を目的としたペン画(仮)』下描き中&イカさん
buro2017617no2.jpg



iconmbpy1.jpg
M豚ペット野郎ズ君1号:「樹中さん、参加グループ展の為のペン画下描きしてるみたいですね。
今回は『異』を大きなテーマとした作品を描こうとしてるみたいですけど・・・
前回のペン画『骨が溶けて骨になる』も同じグループ展に向けての作品でしたので、それを基準に今描こうとしている絵をどうしようか検討したみたいですね。
その結果、この絵は樹中さんが今描きたい感じの絵、遊びの絵にしようって事にしたみたいですよ。」



iconerotelikasan1.jpg
エロティカさん:「樹中のクセに生意気ね!!」



iconmbpy1.jpg
M豚ペット野郎ズ君1号:「エロティカ様、他にコメントは・・・ああ、無いのですね・・・

・・・樹中さん、作品の中にロボットを出す時・・・特にロボット単体とかでは無くて、小動物とかと絡ませる時は、割とスタンダードなロボの顔になると言いますか・・・目があって、口があって・・・まあ人っぽい顔になるって言いますか。
その部分をふまえて、見た目に面白く、カッコ良く・・・みたいな感じですね。」



iconerotelikasan1.jpg
エロティカさん:「樹中さん的には、知的好奇心とか大事なんでしょうけど、結局のところ世間に受けるのは、股間を刺激するものだというのに・・・樹中さんも報われない努力するの好きですよね、ホーッホッホッホオ!!」



iconmbpy1.jpg
M豚ペット野郎ズ君1号:「う~ん、一理あると思うんですけど、やっぱりそーゆー風に断言されるのもどうかと・・・
と言いますか、エロティカ様、何か嫌な事でもあったんですか・・・あ、そろそろ豚野郎君の2号が欲しいんですね。
樹中さん、今ちょっと忙しいので、2号君描いたりする余裕あるのかなあ?

あ、そうそうイカさんは描いてるみたいですよ。こっちは息抜きの気楽な絵との事ですけどね。」



buro2017617no1.jpg



iconerotelikasan1.jpg
エロティカさん:「私はイカさんより豚野郎君が欲しいんですけどねえ~。
いやその、こういうのも良いと思うんですけど、イカというよりは宇宙怪獣みたいに見えちゃいますかね~。」
スポンサーサイト
息抜きのキャラクター制作
iconpinkpieru1.gif
ピンプポンプ君:「樹中さん、今はペン画はちょっとお休み中みたいだねえ。ちょっと充電期間に入ってる感じかなあ?
ここ最近は割と芸術を意識した感じの絵が多かったけど、しばらくは自分が描いてみたいテーマで好きにペン画を描いてみる感じになりそうだねえ?まあ、その辺りは実際にまた描き始めてからという事で・・・」



iconbururagun.gif
ブルーラグーン君:「ちょっとの間は、油彩画や色鉛筆画を進めるのを優先する感じだね。
あと、ミニチュアペイントコンテストとか、そういうのに出品する用のミニチュアとかも作ってるみたいで・・・こちらは楽しむ前提で、気楽に、でも頑張って作ってるとからしいよ。

今日は樹中さんが息抜きで描いてる絵を・・・もの凄く描き始めだけど、樹中さん的にOKな絵と、そうでない絵が、同じテーマで揃ったので、紹介してみるのも面白いかなという事で、行ってみるね。」



buro201766no4.jpg



iconrabittobirudo2.gif
ラビットビルド君:「僕の上にある画像は、今樹中さんが考え中の『イカモチーフのクリーチャー』ですね。
イカそっくりに描く、という方向性では無いみたいで、イカからイメージを膨らませて描いてみる、という感じですね。
今のところは知的生命体にしようとしてるみたいです。

まあ、こちらが樹中さん的にはアリ、な絵になります。最終的にOKまで進むかはまだわからないですけど・・・まあ今の段階ではアリな絵です。」



buro201766no3.jpg



iconsakuruhoppusu.jpg
ポッポポップス君:「で、僕の上の絵は、樹中さん的には、『これではない絵』になるみたいだねえ~。
こっちの方がイカっぽく見えなくも無いんだけれどぉ・・・樹中さん的にはもの凄く面白く無く感じるみたいだよぉ。
想像力をあんまり刺激されないんだってねえ。」
ペン画『骨が溶けて骨になる』完成しました
buro2017525no1.jpg



iconanimarumo2.gif
マルモ君:「今回のペン画は、『骨が溶けて骨になる』ってテーマなんだね。
大きな画像はHP『緑のどんぐり』にあるんだけど・・・
今回のテーマはいつもは油彩画でよく描くテーマの、生命のつながりを、ペン画で描くとこんな感じになるって事らしいね。」



iconanimahario1.gif
マハリオ君:「食物連鎖的なイメージのようだね。
真ん中下に描かれてる魚も、何となく骨っぽいし、糸みたいになってるのも、何となく溶けてるのをイメージしてるのかもしれない。」



iconaniseiren1.gif
セイレン君:「今回は何かわかりやすい絵だな。
まあ細かいんだけどさ、割にアッサリ風な気がする。」



iconanihurora1.gif
フローラさん:「今回は樹中さんもそういうのを意識したようよ。
展覧会をするなら、こういう感じの絵もあった方が良いかなあってそういう事考えたりしてたみたいね。」
ペン画『骨が溶けて骨になる(仮)』制作報告
iconizakaya1.jpg
居酒屋さん:「何か知らんけど、今年の春は梅雨みたいな感じで、湿気が強くてちょっと気持ち悪い感じやねえ。
ちょうど良いというにはちょっと暑かったり寒かったり・・・心地の良い季節が短いとかそういうレベルじゃなくて、全く無いって感じに思えて、ちょっと損した気分やで。

ところで強欲丸はん、そっちのおばさ・・・女子さんが強欲丸はんがパトロンしとるっつー人かいな。
(ワシにはもの凄い悪女に見えるんやけどなあ・・・)」



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
悪い人間(笑):「うん(照)。
今日も10万円お小遣いを上げたのじゃよ。」



iconerotelikasan1.jpg
エロティカさん:「10万円ぽっちでは、お札で往復ビンタプレイも出来ませんわね!!」



iconizakaya1.jpg
居酒屋さん:「10万円払って、強欲丸はんはどんな見返りがあるん?
(まあ、体でお礼してもらえるとかでは無いやろうけどなあ。)」



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
悪い人間(笑):「椅子にしてもらえるのじゃよ(照)・・・」



iconizakaya1.jpg
居酒屋さん:「・・・え、椅子?
・・・四つん這いになって、その上にその悪女・・・エロティカはんが座るんかいな?」



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
悪い人間(笑):「いや、空気椅子をして、世の太もものトコにエロティカさんが座るのじゃよ(照)。」



iconizakaya1.jpg
居酒屋さん:「え、それってただのこの世の地獄やんけ。」



iconkyaputyahu1.gif
キャプチャーフーさん:「親父~、今日は感じの悪いお客・・・と言うか、エロティカさんがいるんだねえ。
そう言えば、さっきキナ○が来たとか言ってたっけ?ペン画の事とか何か言ってた?」



buro2017518no1.jpg




iconizakaya1.jpg
居酒屋さん:「ああ、そう言えば、樹中はん、ペン画は順調に進んどるって言うとったよ。
今回はバランス重視って言うのかなあ、美しさと見易さのバランスとかを考えつつ描いてる・・・要するに過剰な描き込みという程でもないので、割とサクサク・・・そういう感じみたいやで。
まあ、白く細く残す部分を美しく見せたい、とかそういうのは言うとったっけねえ。

色鉛筆画は、見やすいけど、描き込み自体は多いので、時間かかっとるみたいやで。」
『骨が溶けて骨になる(仮)』&『手のひらからこぼれる(仮)』制作報告
iconanihurora1.gif
フローラさん:「樹中さん、最近はフリッパーズギターのアルバムを聴きながら作品制作してるみたいね。」



buro201759no2.jpg



iconbouinousyokun.jpg
暴飲暴食ん:「ペン画は『骨が溶けて骨になる』って題なんだね。仮とは描いてるけど・・・
 今回の絵は割と最近の樹中さん的なペン画って感じにも思えるね。
あと、もう少し進まないと分かりにくいかもだけど、目のやりどころ的な意味でも今回は比較的見やすい絵を描こうとしてる感じだね。」



buro201759no3.jpg



iconkiring.jpg
キリング君:「え~っと、色鉛筆画、今回の題は『手のひらからこぼれる』、なんだなあ。こちらも仮のものではあるみたいだが。
ちょっとこの画像じゃわからないだろうから申し訳無いんだが、この絵の下描きを見ると、手が大目に描かれてる感じ・・・かな?
あと、樹中さん、水っぽいものも意識しながら描いてるとの事だ。」



iconrocckrnst.jpg
ロックリンストさん:「今回の『手のひらからこぼれる』の下描き、装飾とか結構描き込んでるみたいだが、手に付ける指輪とか腕輪とかをイメージしてるみたいだな。
着色するまで、下描き段階では樹中氏も悩んだようだね。」



iconpinkpieru1.gif
ピンプポンプ君:「ペン画も大雑把な構図はすぐに出来たんだけど、細かい部分は下描きを描いたり消したりと、悩んでたようだねえ、樹中さん。
情報量は一定以上に、でも華やかな感じになり過ぎないように・・・的な事を思ってたみたい。」