グリんふぃくさー
心の緑が甦るその時まで・・・・・・
『荒木火飛呂彦の奇妙なホラー映画論』購入しました。
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)
(2011/06/17)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る




iconanihurora1.gif
フローラさん:「前回の日記は、悪い人間(笑)に樹中・・・・さん(笑)が唆されて、あえなくオタクな記事を書いてしまってたけど・・・・・・

樹中さんもクリエイターを目指すなら、センスを磨いて行かないといけないのよね。
幸い、ファッションとか映画とかに、全く興味が無いという訳でも無いので、ファッション雑誌とか買いやすい値段のDVDでの名作映画とかでも、見て行って、センスを良くしていける可能性はあるわね。

勿論、ゲームを全くするな、って言ってる訳でもないのよ(笑・まあ、しなくても良いけど(笑)。)。

で、今日は私が樹中さんのお土産に買ってきた本が、上記の『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』なの。」



iconanimarumo2.gif
マルモ君:「樹中さんが大好きな方だけあって、ホラー映画を存在意義の部分から話してくださって、樹中さんみたいなホラー映画初心者(たまに、気紛れでTVの映画をチラっと見るくらいのレベル)でも興味を持てるように、そして、お勧めホラー映画を物凄く興味深く紹介してくださっているよね。

映画に限らず、色々な『表現』というものは、発信者が優れているだけでなく、受け手の『感受性』によっても、その真価が大きく変わってしまうから・・・・・・
その点でも、荒木先生のホラー映画論は、正に『ホラー映画という発信』と『荒木先生という受信』が、理想的な化学反応を起こしてるように思えるんだよね(あくまで、樹中遊路という、ホラー映画をこれから色々見てみようかな、という人の感想ではあるのですけど。)。」



iconanihurora1.gif
フローラさん:「何かを読んだりして、色々『考える事が出来る、興味を持つ事が出来る』というのは、とっても良い事よね♪
これで樹中さんの想像力とセンスがアップするに違いないわ♪」



iconanimahario1.gif
マハリオ君:「荒木先生の『ジョジョの奇妙な冒険』は第一部第一話から、樹中さんがリアルタイムで読んでた漫画だしね。(やっぱり、小さい頃はお小遣いの都合で中々全巻揃えられず、現在は、第5部~7部は全部、他の部はちょっとトビトビで集めてる最中・・・だったりするのですけど・・・・・・早くコンプしたいですけど。)

『ジョジョの奇妙な冒険』は、樹中さんが、
『こんな怖い漫画(=親に褒められないだろう漫画)を読んじゃ駄目だ・・・ましてや、単行本を買うのなんて・・・』と思いつつも、結果的には(買える限り)買った漫画なんだよね。

面白さと怖さ・・・・・・単純な意味での怖さもありますし、『何かの一線を超える怖さ』もありました。
色々葛藤して、それで最終的に、読む事、(可能な限り)買う事を決断した漫画でもあるんだよね。

樹中さんの漫画思い出の中でも、『葛藤』を生み出した漫画は、多分『ジョジョの奇妙な冒険』だけなんじゃないかなあ・・・・・・と、『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』を読みながら、樹中さん、思い出したりもしたみたいだねえ・・・」
スポンサーサイト
今年はガブメント
今年は、グループ展覧会などに参加させていただく事が多く、とっても充実していましたけど、その分期限を気にする事が多く、そのせいか今年は物凄く早く時が過ぎ去ってしまった気がします(笑汗)。

今年に入って、『体力がガタ落ちしたなあ・・・・・・』と思っていたのですけど、夏が終わったら別にそんな感覚も無くなりました・・・・・・今年は猛暑でしたので、もしかしたら軽く夏バテ気味だったのかも・・・です。
今は、何だか体が楽です(笑)。





『ガブメント』という漫画、最近知ってたのですけど、知った途端に、4巻でどうやら終了するらしく、とっても残念です・・・・・・
今から応援したら何とかならないかなあ・・・・・・・とか思ったりもしつつ・・・ただ、リアルタイムの連載、凄いテンションで面白いです♪

内容的に、エログロ描写があり、登場クリーチャーも生理的嫌悪感が強めなのも多いですけど、作品のテーマ的に納得出来るので、僕的には気にならず楽しみに読んでいます。
主人公のポプラ、初見では女の子かな?とか思いましたけど、一巻の表紙を見てすぐに男の子だとわかりました(笑)。
作品テーマ的に、そういう部分を強調して描いていたりしますので、基本成人向けの本になります。

内容的には、ごくごく簡単に言ってしまうと、SF(ファンタジーっぽいか)的な未来において、唯一Y染色体を持つ主人公ポプラがお嫁さん探しをするという内容・・・なのですけど、内容的に相当ハードな(グロを含む)展開あり、各種色とりどりのエロ(殆ど人外もあり)もあり、知的好奇心的にもとっても楽しみ(他の意味でもとっても楽しみ)な漫画です♪

後、恐らくこのガブメントのヒロインは、『コスモス』だと思うのですけど、単行本の表紙的には、良い待遇でない感じがします。(笑・3巻までで、裏表紙に2回登場)
で、建前上準(笑)ヒロイン?であろうバズ・ホーンの方が、表紙的には扱い良いような気も・・・・・・(笑・3巻までで、痩せている時表紙に一回、お太りになった後表紙に1回&裏表紙に1回)

ガブメント、興味のある方は、ネットで調べてみるなり、本屋さんで購入される事をお勧めしますけど、上記の内容は頭に入れて置いてください(笑)。


ガブメント 1 (ジェッツコミックス)ガブメント 1 (ジェッツコミックス)
(2010/02/26)
林崎 文博

商品詳細を見る
アーマードコア4系の設定資料
アーマード・コア A NEW ORDER of “NEXT”アーマード・コア A NEW ORDER of “NEXT”
(2010/10/02)
ファミ通コンテンツ企画部

商品詳細を見る





アマゾンで通販購入したのですけど、手にするまで少し時間がかかりました。
僕が手にしたのは版が第2版、第1版との間があんまり空いていないので、きっと好評を博しているのだろうなあとか思ったりしています(笑)。
それはともかく、待望の設定資料、夢中になって読んでいます。
企業の『あの人達』にインタビューとか、機体部品の設定解説とか、デザイン画などが盛り沢山♪
・・・・・・アーマードコア5がまだ出ていないのも、膨大な情報を処理していかないといけないからなのだろうと、ついつい好意的な解釈をしてしまうくらいの情報量(の片鱗)でした。

僕、一回、ゲームに出てくる武器やパーツなどを、僕の技術で可能な限り再現性の高さを目指したプラモを作ってみたいなあとかいう野望(笑)を持っています。
今は、その目的の為に、ハウツー本を読んでみたり、今回の設定資料からまずは初心者が作りやすそうな武器が無いか(無さげでしたけど)探したりもしています。





PS:あと、ゲームをプレイし始めの頃は、対AC戦は戦車ロボで無いと勝てなかったのですけど、最近は軽量機体でも勝てるようになってきました。(笑)
最近は、プレイした分のアーマードコアのゲームは、全Sランクは取れたので、スキル向上の為に、とりあえずちょっと頑張らないといけない程度の目標を設定して、それに向けてプレイなどしていたりします。




さらにPS:もうすぐ、アートイマジン様の『芸術の存在意義 展』の為の作品を完成させないといけません。
とりあえず予定通り進んでいますけど、色鉛筆画はとにかく同じ個所をず~っと塗っていないといけないので、中々焦りますけど、進みません(笑)・・・・・・でも、もう多分大丈夫だろうという感じではありますけどね。
ココナッツ・ピリオド
buro2009524no1.jpg


1年くらい前でしょうか・・・この漫画の連載の存在を知った時には、3年くらい楽しませてもらえるなあ・・・とか思ってたのですけど、先週月曜日、1年で最終回・・・読んでて展開が凄く早いので、ほんのちょっとは覚悟もしてましたけど・・・(泣)
ホントに全力疾走で駆け抜けていった漫画でした。

簡単に物語のさわりだけ言うと、記憶を無くした天才科学者のココナッツ・ピリオド博士と、エコ男になってモテ男になりたい(笑)タミオ達が、地球温暖化に挑むというものです。

最初は動物キャラが可愛いのが目について読み始めたのですけど、すぐに内容に熱さに惹かれました。

色々な意味で扱いにくいテーマを、動物キャラ(主役を人間にしてしまうより、扱いやすいとの事でした。)やエコでモテたい(笑)などのとっつきやすいものも絡めつつ、地球温暖化について直球で問題提起しています。

キャラクターの人間(動物)関係も面白いです。

色々命がけな漫画です・・・
ジャワ影絵芝居考
buro2009521no2.jpg


1~2年前だったでしょうか、古本屋で何となく面白そうだし、お勉強にもなるかなと購入しました。

当初は、表紙の影絵の美しさに魅かれて購入したのですけど、ジャワ影絵の物語、(の紹介や解説。)に夢中になりました。
(リアルな感じに)愚かな最高神ブトロ・グルと、それに振り回される者達、それに立ち向かう者。

今の世界に必要な物語と正直に思えるのですが、本屋やネット通販でも意外と買えないのです。あまり研究をする人がいないのか、あるいは・・・

僕はこの本に触れて、ジャワ影絵の面白さの片鱗(もしかしたら、TVや博物館でチラリとは見てたかも知れませんですけど)を知る事が出来ました。

古本屋を根性で回って、勉強を進めたいと思いますが、もし、購入が容易な資料を知っておられる方がおられましたら、教えていただきたいです。