グリんふぃくさー
心の緑が甦るその時まで・・・・・・
TRANSMERS THE MOVIE、the dokuros。
buro20081029no2.jpg

左:TRANSFORMERS THE MOVIE
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーと2010をつなぐ、ユニクロン戦争のエピソードの映画のサウンドトラックです。まさに80年代な奔放な音楽。
主題歌の『THE TRANSFORMERS』、感動的な『THE TOUTH』、間奏もメカニカルに幻想的な『DARE』、愉快な『DARE TO BE STUPID』などなど名曲がいっぱい。

右:the dokuros『遅い昼食』
クセになる合法ドラッグみたいな感じ。
幻覚的なようで、等身大みたいな感じ。
FMで『気をひくためだけの歌』がよく流れていたので、それを気に入って購入しました。
HP:http://dokuros.hippy.jp/
スポンサーサイト
以前に見た夢。クロナガス鯨と焼き鳥屋。
クロナガス鯨・・・・・・世界は赤味がかった薄紫色。
僕は海の上を歩いています。
僕の目の前で体長30mくらいのクロナガス鯨が跳ねています。

焼き鳥屋・・・・・・家族と一緒に一面薄紫の異次元を歩いています。
廃れた学校の運動場みたいなところを歩いています。
ぽつんと屋台にあり、そこに翼竜の開きが沢山あり、焼き鳥を食べさせてくれます。
ただ、僕は食するのは断った記憶があります。
ガンバの冒険。
buro20081027no1.jpg

動物アニメの名作『ガンバの冒険』のサウンドトラックです。
70年代特有の、力強く、希望や想いに満ちた、現在でも全く色褪せる事の無い珠玉のサウンドトラックと言わせていただきたいです。
口笛も非常に印象的です。

作曲の山下毅雄氏に関しては、スマート・ソウル・コネクションのコハラ・スマート氏の著作で言及されていて、僕はそこから山下毅雄氏を意識するようになりました。

左:『懐かしのミュージッククリップ31 ガンバの冒険』
東京の古CDショップで見つけたものです。高すぎる・・・って事も言わないですけど、そこそこの大した値で購入。

右:『アニメ・ミュージック・カプセル 「ガンバの冒険」』
ここ最近発売されてたのを数日遅れで知って、慌てて通販で購入しました。
左のCDより収録曲が増えています。