グリんふぃくさー
心の緑が甦るその時まで・・・・・・
展覧会前に見る悪夢
展覧会前、ちょくちょく悪夢を見ます。
それも自分の生命にかかわる、あるいは殺害されてしまうという・・・(汗)

初めての個展の前夜は、寝苦しかったのですけど、ちょろっと睡眠をとれた時に・・・
『女装をしている僕が、殺人鬼に首を切られて殺害される。』
という夢を見ました・・・・・・ラジオからはマリリン・マンソンのビューティフルピープルが流れてました・・・(汗)




で、今回のグループ展前夜にも、悪夢を見ちゃいました・・・・・・

『近所のスーパー(照明が退廃的なまでに暗いです・・・)に行くと、どうにもガラの悪い人ばかり・・・・・
通りすがりに僕に酷くぶつかったり、みぞおちを殴られたり・・・・・・
(夢なんですけど、痛みをそれなりに感じます・・・・・・)
危ないと思い、走って逃げだすと、一人のヤンキーが追いすがってきます。
僕は叫びました。
「誰か助けてください、助けてください!!・・・・・・助けてくれなくてもいいので、僕の方を見てください!!!」
・・・・・そういうと、ヤンキーは去っていき、僕も目が覚めました・・・・・・』

今回は、少し夢の中で、『見てほしい』という本音が出ちゃったみたいです(笑)・・・・・・
スポンサーサイト