グリんふぃくさー
心の緑が甦るその時まで・・・・・・
色々制作報告&参加展覧会情報
iconanimarumo2.gif
マルモ君:「樹中さん、ここ最近が気候の移り変わりによる体のダルさでちょっと厳しい日々みたいだね。
でもB2カラーペン画、締め切りまでに完成のメドが立って、そういう意味ではホッと一息なんだって。

今回は創作とか版権とか、『いまこんな感じです』って感じの軽い日記になるよ。」


buro2014623no4.jpg



iconsakuruhoppusu.jpg
ポッポポップス君:「まずは創作から、色鉛筆画『消えていく』の制作報告だよお。
今は下描きを完成させたと判断して、黄色い下地をパステルで塗ったところだねえ。
実物は下描きも見えるんだけどねえ・・・まあ色鉛筆で着色したら色々見えてくると思うよお。
・・・デジタル取り込みだと、どうしても色がアバウトに表示されちゃうけどお・・・そういう時は単色のペン画が羨ましい・・・かなあ?」



iconpinkpieru1.gif
ピンプポンプ君:「確かに雰囲気的な部分では、色鉛筆画よりも単色のペン画の方が雰囲気は伝わる感じだけど~、
でもやっぱり線が劣化しちゃうよねえ。
ある意味、アナログをデジタルで表示させるのは危険かもって思っちゃうよねえ~、実物と劣化したものでその絵の事を判断されちゃいそう・・・とかねえ。」



buro2014623no3.jpg



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
悪い人間(笑):「これはウォーハンマー40000(版権)の、左下アサルトサージェント、上と右下がセンチュリオン・デバステイター・スカッド、という事になるみたいじゃの。
今は下地の黒を吹いた後に、下地の緑系の色をドライブラシ風に塗ってるトコじゃの。

左下のアサルトサージェントは顔を赤に塗る予定にしとるらしいの。」



buro2014623no5.jpg



iconrabittobirudo2.gif
ラビットビルド君:「こちらも版権、ガンバの冒険の研究絵ですね。
後は上の背景を必要だと思われるところをペン入れしたら、コピックで着色開始ですね。
最近、樹中さん、創作の合間の、ウォーハンマー40000のフィギュア制作とガンバの絵を描くのが楽しくて仕方が無いみたいですね(笑)。
樹中さんはどっちかと言うと・・・というような感じでなくハッキリ創作派なのですけど、研究目的で版権の絵を描いたりもするんですけど・・・まあ好きなものを作るのは楽しいんでしょうね。」



iconhyumanbouya.gif
ナチュレ君:「ねえ、そう言えば自主規制人間の息子さんが、ブログ第2部の主役格(予定)の暗黒皇帝なんだよね?
樹中さん、今、来年4月予定のコラボ展に向けて、スクラップブック用の絵を描いていて、それに暗黒皇帝もちょっと描いてるとかだったと思うんだけど、まだ見れないの?」



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
自主規制人間:「いや別に構わんじゃろ。
暗黒皇帝(創作)は、世の息子なんじゃが、生真面目~で優しい奴じゃから、色々大変みたいじゃけど、暗黒総理大臣もいるし大丈夫じゃよ。」



buro2014623no6.jpg



iconanihurora1.gif
フローラさん:「・・・ホントに大変そうね。」



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
悪い人間(笑):「そうじゃのお・・・シンミリ(笑)。」



iconhurobu4.gif
:「最後は樹中さんの参加展覧会情報になります~♪

第22回国際平和美術展
国内展:京都市美術館(予定)
2014年7月16日(水)~7月20日(日)
海外展:UNESCO国際連合教育科学文化機関パリ本部内 ミロ・ホール/パ・ペルデュホール
2014年10月23日(木)~10月29日(水)(予定)

樹中さん、国内展の方に1~2日くらいは会場に行ってみる予定で、考えてるみたいですよ♪



あと、お知らせと言うか、頭の片隅に置いていただけるとありがたい事を告知させていただきますね。
樹中さん、1年後くらいを目標にコラボ展が出来ないか模索してるんです。
なので、樹中遊路とコラボする事に興味があります方は、HP『緑のどんぐり』のメールフォームか、twitterやpixivやtinamiのDMでご連絡していただけると幸いです。

ホントはもっと練った状態で告知させていただきたいのだけど、時間的に急がないといけないので、こういう告知状況でも大丈夫だよって方・・・おられますかね?(笑汗)

現状こういう方向で進めていこうかな、と思っていますのが、

①:樹中遊路の作品とリンクしている作品や世界観を構築していく。
(この辺りは、話し合いなどで、より良い方向にしていけると思います。)

②:参加費は最高で5000円+作品運送費を想定しています。
(参加人数によっては、もっと安く出来るかと思われます。)」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック