グリんふぃくさー
心の緑が甦るその時まで・・・・・・
色鉛筆画『消えていく』&どこかに行きたい病&スカイリム(版権)、など
iconerotelikasan1.jpg
エロティカさん:「樹中さん、6月29日から30日の未明にかけて、どこか行きたい病が強く出てきちゃったみたいですね~♪
樹中さん、最近はやっぱりコラボ展を中心に、それ以外の展覧会の準備などで結構ハードコアな日々・・・まあ創作スケジュールが大変なのは良いのですけど、とにかく来年4月くらいまでに向けて、お金を温存しないといけなくて、あんまり外出できないんですよね~・・・家に引き籠って創作してればお金も減らずに、作品は増えますものね~♪

・・・なんて美味しいだけな訳無いですよね、ホーッホッホホオ!!!
遊びに行けないストレスが貯まってきてたのと、元々ちょくちょくどっか行きたい病があるのとで、樹中さん、29日~30日未明にかけてどっか行きたい病が強く出ちゃったんですって!!
このまま堕落すれば良いのに!!!」



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
悪い人間(笑):「ちなみに、樹中はどっか行きたい病は何とか抑え込んで今は安定しているのじゃよ。
ただし、結局30日未明に堕落してスカイリム(版権)して夜更かしする事で、遊びに行ける時間帯に起きれないようにする事で、どっか行きたい病を克服・・・結果的にはお金を守りつつ、遊びに行かない分絵を描く時間も確保したのじゃよ。」



iconerotelikasan1.jpg
エロティカさん:「ホントに堕落したんですね~!!!
・・・ちなみにスカイリム(版権)って何ですかね?」



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
悪い人間(笑):「凄く簡単に言うと、人気の海外RPG『エルダースクロールズⅤ スカイリム』で、自由度の高いゲーム性と作り込まれた世界観が楽しすぎるゲームじゃの。」



buro2014630no2.jpg



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
悪い人間(笑):「画像は、羊力さんキャラデザインのクリムゾンキャット君(左のキャラ)をゲームで作って、それでプレイしてるものじゃな。キャラ的には近接攻撃&炎攻撃キャラってイメージなのじゃそうな。
追加コンテンツと最後発プレイヤーキャラ、今までのプレイノウハウがあるだけあって、実質最強キャラな感じじゃの。
この画像はゲーム内天候の都合でくすんどるけど、実際のクリムゾンキャット君が赤いカラーで、オリジナルの服装も黒い戦闘服なんじゃが、スカイリムでは・・・樹中はXBOX360でプレイしてるんじゃが・・・再現出来ないので、今はこういう服装しとるのじゃよ。」



buro201378no4.jpg



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
悪い人間(笑):「こちらは、クリムゾンキャット君のご先祖のナイトキャット君じゃの。
こちらは、樹中がスカイリムで作ったキャラで、このキャラを元に羊力さんがクリムゾンキャット君をデザインしてくれたという事なのじゃよ。
ちなみにこのナイトキャット君、お仲間の能力頼りのヘナチョコ君(照)ってイメージじゃの。
鍛冶付呪錬金でお仲間の武具を作ったり、召喚術で自分の代わりに戦ってもらったりとか・・・
樹中はスカイリムで何人かプレイヤーキャラを作ってるのだが、その中でも恐らく最弱キャラじゃないかの(笑)。

ちなみに、このナイトキャット君、闇の一党の聞こえし者とゆー肩書きを持っとるのじゃが、暗殺もグダグダだったのに、暗殺ギルドで一番エライ人になっちゃったのじゃよ・・・(照)」



iconankokusouridaijinn.jpg
暗黒総理大臣:「どこかに行きたくなる病だと?馬鹿馬鹿しい。
そんな軟弱な病気などかかっていると随分だらしない事だな。

まあ、次は色鉛筆画『消えていく』(創作)の報告になる。」



buro2014630no1.jpg



iconyasasisagaowarubasyo2.gif
悪い人間(笑):「右は具象的なキャラ、左は具象と抽象の間にいるキャラなのじゃそうな。
まだ背景が黄色なだけじゃからわかりにくいんじゃが、この右のキャラは空間に溶け込みつつある感じでもあるらしいの。」



iconerotelikasan1.jpg
エロティカさん:「次元の間にでも入っちゃったんでしょうかね~?」



iconhurobu4.gif
:「最後は樹中さんの参加展覧会情報になります~♪

第22回国際平和美術展
国内展:京都市美術館(予定)
2014年7月16日(水)~7月20日(日)
海外展:UNESCO国際連合教育科学文化機関パリ本部内 ミロ・ホール/パ・ペルデュホール
2014年10月23日(木)~10月29日(水)(予定)

樹中さん、国内展の方に1~2日くらいは会場に行ってみる予定で、考えてるみたいですよ♪



あと、お知らせと言うか、頭の片隅に置いていただけるとありがたい事を告知させていただきますね。
樹中さん、1年後くらいを目標にコラボ展が出来ないか模索してるんです。
なので、樹中遊路とコラボする事に興味があります方は、HP『緑のどんぐり』のメールフォームか、twitterやpixivやtinamiのDMでご連絡していただけると幸いです。

ホントはもっと練った状態で告知させていただきたいのだけど、時間的に急がないといけないので、こういう告知状況でも大丈夫だよって方・・・おられますかね?(笑汗)

現状こういう方向で進めていこうかな、と思っていますのが、

①:樹中遊路の作品とリンクしている作品や世界観を構築していく。
(この辺りは、話し合いなどで、より良い方向にしていけると思います。)

②:参加費は最高で5000円+作品運送費を想定しています。
(参加人数によっては、もっと安く出来るかと思われます。)」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック