グリんふぃくさー
心の緑が甦るその時まで・・・・・・
湿度の高い日は呼吸がちょっと辛い?&B2ペン画制作報告など




icongurinfikusarobo.gif
グリんふぃくさーロボ:「樹中さん、呼吸も随分楽になってきて、最近がお薬なしでも安定してきてるみたいだね。
まあ、勿論お薬は常備してるけどね。
ただ、一日が進んで疲労が溜まってきたりすると、少し息が苦しく(と言っても最近は全然我慢出来る範囲内ではあるのだけど)なったりするみたいだね。
あと、湿度が高いと、健常な時に比べて、ちょっと息苦しく感じるみたいだね。
台風の影響か、今日は昨日よりもちょっと息苦しい感じなのかな?」



iconankokusouridaijinn.jpg
暗黒総理大臣:「出来ればB2ペン画のペン入れが始まるまでには、呼吸の方も治ってくれると良いのだが。
今はB3ペン画のペン入れを開始してるが、B2B3両方のペン入れをしていく事になると、精神的肉体的疲労も相当なものだろうし・・・締切を意識しないといけないし、その締切が複数個あるから、どうしても厳しい状況・・・まあ、樹中氏的には締切には間に合うという確信はあるみたいだが・・・やっぱり、体調が思いもよらない形で万全でないというのは、ちと気にはなる。

ホントの事を言ったら、B2ペン画の下描きは6日で完成してくれると、非常に後が楽なのだが・・・
でもクオリティの事を考えたら、15日くらいまでに下描き完成・・・とした方が、クオリティとペン入れ過程を考えたら、それくらいを目指すのが妥当・・・という感じみたいだな。」


buro2014105no1.jpg



iconbouryokunankoku.jpg
暴力ん:「B2ペン画は、ロボットと可愛いキャラクターが一緒にいる絵なんだね!
ロボの描き込みをして情報量と洗練された形状を目指し、描き込んていくキャラクターの数を増やしていくという作業をしてるみたい。
大きな絵で、細かいを売りにしてる絵だから、『沢山』とか大事な要素だものね♪

ちなみに、このB2ペン画のロボってカッコ良くは描こうとしてるんだけど、見た目に楽しいという部分は大事にしつつも、個性というのはあんまり出さない方向性にしてるみたい。
イメージと言うか象徴性と言うか・・・どちらかと言うと、今回は大らかな想像力を刺激したいという感じみたい。」



iconanimarumo2.gif
マルモ君:「樹中さんって、どっちかって言うと・・・って言うか、明らかに個性派が好きって感じだけど、今回はそういう方向性で行くんだね。
ちなみにこのロボット、非武装って設定なんだって。」



iconhurobu3.gif
:「最後は樹中さんの参加展覧会情報になります~♪

第22回国際平和美術展
国内展:京都市美術館
2014年7月16日(水)~7月20日(日)
海外展:UNESCO国際連合教育科学文化機関パリ本部内 ミロ・ホール/パ・ペルデュホール
2014年10月23日(木)~10月29日(水)(予定)



そして新たな情報としましては、


招待作家展2014『対』
会場:アートイマジンギャラリー
2014年12月4日~12月23日(3週間) 
※通常、水曜休廊ですが、今回の会期中は休み無しです
12:00~18:30 最終日のみ12:00~16:00まで


第3回アートイマジン芸術小品展~部屋向き作品展示~
会場:アートイマジンギャラリー
2015年1月9日~1月18日
13:00~19:00


樹中遊路コラボ展
2015年4月16日~5月5日
アートイマジンギャラリー
こちらは、基本的には樹中遊路のペン画、油彩画、色鉛筆画の展覧会となりますけど、今回は羊力さん制作の、アート世界をイメージしたキャラクターフィギュアが展覧会場を彩ります♪



となります。



あと、お知らせと言いますか、頭の片隅に置いていただけるとありがたい事を告知させていただきますね。
樹中さん、2014年4月にコラボ展を開催予定だったりします。
なので、樹中遊路とコラボする事に興味があります方は、HP『緑のどんぐり』のメールフォームか、twitterやpixivやtinamiのDMでご連絡していただけると幸いです。

ホントはもっと練った状態で告知させていただきたいのだけど、時間的に急がないといけないので、こういう告知状況でも大丈夫だよって方・・・おられますかね?(笑汗)

現状こういう方向で進めていこうかな、と思っていますのが、

①:樹中遊路の作品とリンクしている作品や世界観を構築していく。
(この辺りは、話し合いなどで、より良い方向にしていけると思います。)

②:参加費は最高で5000円+作品運送費を想定しています。
(参加人数によっては、もっと安く出来るかと思われます。)」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック