グリんふぃくさー
心の緑が甦るその時まで・・・・・・
色鉛筆画『土と風』制作報告&WHAOS報告&自己満足と広報
iconkiring.jpg
キリング君:「最近まで長い休暇だと思ったら、今日は樹中さんの部屋に取材に行くお仕事を仰せつかっちゃったぞ。
俺、この仕事をするようになってから、少し気持ちが暗くなった気がする・・・
そして、樹中さんの部屋、ちょっとスプレー臭くなってるし・・・ふう。」



buro2016924no1.jpg



iconnanakuandone.jpg
ナナック&1さん:「(キリング君、前のお仕事では戦場にいたはずなんだが、そんなにここのお仕事苦痛なのかなあ・・・)

ああ、樹中さん、この前購入したWHのAOSのシルヴァネス軍団、一通り組み立てて白スプレーを吹くところまで進めたんだね。
このように日記のネタを増やしてくれる行為を多くしてくれるのはありがたいね。
今、ひがっちさんに置いてあるミニチュアも合わせたら、既にスターターセットよりも充実した軍備になる感じだ。

シルヴァネスはスペースマリーンに比べると、組立て難度と運搬難度が高いように思えるのだが、シルヴァネスが樹中さんの心を鷲掴みにしちゃったからなあ・・・まあ苦労話は日記にしやすいから、良い事だと思うがね。」




iconkiring.jpg
キリング君:「ちょっと気になる事があるんだが・・・
日記に書く事があるのを喜ぶ・・・って事はまあわかるんだが、それって日記を読んでほしいから書くという事だよな?
読んでほしい割には、宣伝にやる気が無いと言うか、もう少し売名行為を気にした行動が取れてないというか、そういう部分が俺的には前から気になってたんだが。
まあ、参加展覧会がある時は、少し気合いを入れて宣伝したりしてるみたいだが・・・
(今は樹中さんがちょっとお疲れモードの為に、そこもおざなりになってるような気もするけど。)」



iconnanakuandone.jpg
ナナック&1さん:「成程、キリング君の言う事は一理あるね。
ネットでこういう風に色々書いたりしてるって事は、基本的に誰かに見られる事がある、という事を想定するべきだしね。
樹中さんも、絵を描く事を自分のアイデンティティにしたいのであるなら、もっとそれを人様にもそう思ってもらえる努力をするべきだと、その意見はもっともだと思うよ。

まあ、今回は私は樹中さんの代弁役なので、樹中さんの内面を言っていくとすると・・・
樹中さん、基本的にHPとかブログを書いてるのは趣味・・・キャラクターを作ったりするのが好きだから、その延長線上でやってるって事なんだよね。
あと、これはある意味いけない事なのかもしれないんだが・・・樹中さんは人に見てもらおうと、そうでなかろうと、その辺りがモチベーションに関わる事が無いんだよ。
まあ、アレだよ。見られてないと少し寂しく思うし、見られすぎると気を使って疲れてしまうって言うかさ。」



icontikokun.jpg
遅刻ん:「今時エロも萌えも描けない人が、ネット上で構ってもらおうって言うのは、おバカな奴のする事だよね!!
(いや、これ台本読んでるだけで、僕が本当にこんな一面的な事しか思ってないって訳じゃないからね!!)」



iconnanakuandone.jpg
ナナック&1さん:「樹中さんには、そのどっちもを期待してはいけないんだよ、ほら、このエロ本を与えるから、遅刻んは今日は休んでなさい。君は疲れてるんだ。

まあ、樹中さん、職場の人からも、『絵を描いてたらそれで幸せ』って、ちょっとそういう風に思われてるからねえ・・・実際にそうだし。
樹中さんも、絵で身を立てたいって思うのなら、もう少し人気取りをする努力をしても良いかなあと思わなくも無いのだが。
まあ、なるようになるさ。」



iconkiring.jpg
キリング君:「最悪にならないと良いんだけどねえ・・・(汗)」



buro2016924no2.jpg



iconrocckrnst.jpg
ロックリンストさん:「私としては、程良く知られる、程良く知られない、というのが一番幸せだと思うがね。
出会いというものは、それが幸せをもたらす事もあれば、不幸をもたらす事もあるのだから。

色鉛筆画も油彩画もコンスタントに描いてるようで、実に結構な事だ。
テーマとしては、『土と風』という事で、今描いてるのは、土に該当する部分を描いてる感じだな。
風部分は後程、左側にやや白っぽく描くとの事なのだが・・・樹中さん的には、今回の下描きはもう少しだけシンプルに描くべきだったかなあとは思ってるみたいだが、下描きを描き終ってみて、今回はこれで行ってみるのも良いかな、って事で、塗りを始めたとの事だ。」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック