グリんふぃくさー
心の緑が甦るその時まで・・・・・・
知った気になってしまう&色鉛筆画『時の流れ』制作進行報告
iconbiyuro1.gif
緑のはこべ・ビユロ君:「・・・樹中さん、とりあえず先が気になるという事で、新八犬伝を全部読んじゃうのをやや優先しちゃったみたいだね・・・おかげで、昨日は色鉛筆画しか進んで無いよ・・・まあ油彩画は基本パートがお休みな日にする感じだから、昨日はどっちみちしない方向性だけどね・・・ふう。

まあ、それはともかくとして、樹中さんが知りたがっていた新八犬伝の『一端』には触れる事が出来たのは良かったよね。
勿論、小説版はダイジェスト版だけど、当時の空気とか熱狂とかの『一端』には触れる事が出来た感じかな。
小説版、先が気になるくらい面白かったので、ついつい先先読んじゃったんだね、樹中さん。

でも、小説が面白かったからと言って、これで持って、NHK人形劇『新八犬伝』を見た事にならないよね。
こんな事を何で書くのかと言うと、最近はネットをしていて、『知った気になる』という危険性を本当にひしひし感じるから、なんだけどね。」




iconseiren1.gif
緑のはこべ・セイレン君:「そうだな。
例えば、ネットで聴ける音楽を聴いて、その音楽家の事を知った気になるとか・・・正直、ネットで聴く音楽とCDで聴く音楽は、音が違って聞こえるし・・・・・・少なくとも、ライブを重要視しているミュージシャンに関しましては、ライブまで見てこそそのミュージシャンの一端を知る事になる、という事だろうし。

例えば世界情勢・・・中国の方とか韓国の方の事で、日本に入ってくる情報とか・・・
ニュースで流れてくるのは断片的な情報、一面的な情報であるかも知れないのに、その情報を全てと思ってしまいやすい雰囲気・・・それで悪意を持ってしまう現実。
真実は後から知れる事もあるのだけど、大抵最初から知る事が出来るかは微妙・・・
基本的に情報というのは、疑って・・・とは言わないが、全てを表してる訳ではないかも・・・くらいは思うべきだな。」




iconanisu1.gif
緑のはこべ・アニスさん:「(セイレンが、久々にカッコ良い事言ってる♪)

とにかく、『実際に体験する』という事に危機感を抱いてしまうわよね。

例えばツイッターで、有名人のなりすましアカウントとかがあると、異和感を感じても、その異和感よりも目の前の偽物をついつい信じてしまうかもしれない・・・
ツイッターも、リアルな人間の断片的な情報しか知れない訳だしね。
もっと言うと、ツイッターで本音を言ってるから全てだ・・・って思ってる感じになる事もあるかもだけど・・・
本音=愚痴・・・でも無いと思うの。
本音と言うのは、辛くて嫌な事でも、大きな目標の為に頑張って自分を抑えて行く・・・っていうのも本音だと思うのよ。
愚痴は、ある意味、自分の弱い心に負けてる場合だってあるのよ。弱い心に負けたいという事だけが本音では無いでしょ?

・・・・・・ちょっと話がズレたけど・・・・・・
『実際に体験する事』と『バーチャルに情報だけを知って、知った気になる事』とは本当に違うって事なのよ。
勿論、全てを実際に体験するなんて無理だから、『知った気になる危険性』だけでも知っていたら、良いと思うけどね。」




iconharumidori.gif
緑のはこべ・ハルさん:「樹中さんがネット上で発表している色鉛筆画も、実際の絵に比べると彩度が落ちてるのよね~。
これで持ってネット上で評価されちゃうのは、樹中さんも不本意ではあるのだけど、宣伝活動(笑)の為に仕方なくやってるって感じね。
・・・何だか、もろ刃の剣な気もするけどねえ。」




buro20121011no1.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック